愛・地球博(2005年愛知万博)―― 芸術世界における新技術

リバース・エンジニアリング、ラピッド・プロトタイピング(高速3次元造形)、複合材料、そして言うまでもなくデジタル技術(コンピューター・グラフィック、など)といった新しい技術工程は、芸術作品を感受するための新たな道を開いてくれます。「踊るサテュロス」像に関するこのウェブサイトでは、このような新技術を用いて今日行われている様々な取り組みの様子をお見せしたいと思います。

愛・地球博では、高さ11 mの巨大な真珠の内部が、マザーラ・デル・ヴァッロで発見された「踊るサテュロス」像の展示場所となっています。ウンベルト・ドナーティ氏を長とする愛知万博イタリア政府総代表事務所は、イタリアの産業技術による最高レベルの製品を展示すると同時に、芸術作品を享受し保存するためにイタリアの創造力が生み出した最新の成果をお見せするためのパビリオンを計画しました。

東京 舞台裏 サテュロス像写真館 動画